オーストラリア英語とアメリカ英語の違い

オーストラリア英語の最大の特徴は、アルファベットのAを「アイ」と発音することです。

日本人が学校で英語を習う際に、アメリカ英語ではAを「エイ」と発音するので、その発音に慣れているとオーストラリア英語の発音にとまどうことでしょう。例えば、Dayという単語はカタカナで書くと、「デイ」と発音しますが、オーストラリア英語では「ダイ」と発音します。Mateも同様に「メイト」が「マイト」になります。表現方法もアメリカ英語とは少し違う部分があり、Hello. のかわりにGood day, Mate. とよく言われます。You’re welcome. の代わりにはNo worries. と言います。これらの特徴を知っておくと、オーストラリア英語が聴き取れないということが少なくなります。オーストラリアでは単語の語尾をieにすることが好きなようで、breakfastをbrekkieにしたり、barbequeをbarbieと呼びます。聞きなれないと何のことを言っているのかサッパリわからなくなりますが、一度知ってしまうと可愛い音で自分でも使ってみたくなりますよ。

留学前の英語勉強ならこちらの記事をご参照ください。