留学の際に気になるオーストラリアの交通~バス編~

オーストラリアのバスの仕組みは日本のものと違うことが多いので注意が必要です。一番の違いは時間です。日本ではおよそ正確にバスが停留所に来たり、早く着いたら時間まで停まっていますが、オーストラリアでは早く来たり遅く来たり結構自由です。バス停で待っているときに、バスが近づいてきたら手をあげます。手をあげないとバスが止まってくれないこともあります。バスに乗る際は前から乗って、ドライバーに先に運賃を支払います。運賃は行き先を告げると教えてくれます。お札を差し出すと、運転手さんに嫌な顔をされたり、お釣りに時間がかかったりするので、バスに乗る際には小銭を用意しておくと便利です。降りる際にはボタンで知らせます。車内でアナウンスはないし、バス停には名前が書いていないことがほとんどなので、どこで降りるのか慣れるまでは難しく感じるかもしれません。運転手さんにあらかじめ降りたい場所を伝えておいて、着いたら教えてもらえるように頼んでおくのも良いかもしれません。

セブ島のおすすめスポットにはタクシーでいきましょう
英語が話せる様になる近道はあるのか?